上野・川越交通事故相談所 >  後遺障害(後遺症)について  >  後遺障害の慰謝料はいくらか

後遺障害の慰謝料はいくらか

後遺障害が認定された場合、その後遺障害に応じた慰謝料の支払いがなされるのが通常です。

当該慰謝料の金額は、保険会社の基準と裁判所の基準とでは大幅な開きがあります。

裁判所で認められる慰謝料(被害者本人)の一般的基準は以下のとおりとなります。

 

後遺症第1級   2800万円

後遺症第2級   2370万円

後遺症第3級   1990万円

後遺症第4級   1670万円

後遺症第5級   1400万円

後遺症第6級   1180万円

後遺症第7級   1000万円

後遺症第8級   830万円

後遺症第9級   690万円

後遺症第10級  550万円

後遺症第11級  420万円

後遺症第12級  290万円

後遺症第13級  180万円

後遺症第14級  110万円

財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部「損害賠償額算定基準上巻(基準編)」参照

 

もっとも、上記14級に至らない後遺障害があった場合についても、それに応じた後遺障害慰謝料が認められることがありますので、この点注意する必要があります。

 

また、重度の後遺症の場合には、近親者にも別途慰謝料請求権が認められます。

 

通常、保険会社は、被害者に対し、交渉の段階では、上記裁判における基準よりも少ない後遺障害慰謝料の金額を提示してきます。そのような場合に、弁護士が間に入り、保険会社との間で交渉をすることで、慰謝料として受領出来る金額が、保険会社が提示した金額よりも高額になるケースが多くあります。

 

上記裁判上の基準からも明らかですが、後遺障害慰謝料の額は、後遺障害等級の何級に該当するかによって大きく変わってきます。

このことから、適切な後遺障害等級の認定を受けるために、事故後直ぐの段階から信頼出来る医者に相談し、治療方針を明確にたてて、適切な後遺障害の認定のための準備をする必要があります。

弁護士法人ポート法律事務所 川越中央法律事務所 法律相談・ご予約(受付9:30~18:00)049-223-4422

このページの先頭へ