上野・川越交通事故相談所 >  交通事故問題解決までの流れ  >  交通事故の問題解決までの流れ

交通事故の問題解決までの流れ

ある日突然交通事故に遭ってしまった…。そんな場合でも、慌てる必要はありません。

交通事故に伴う問題は、以下のような流れで解決していきます。

 

1 民事上の問題解決までの流れ

1) 示談交渉

交通事故の被害者は、ケガの治療費や、車の修理費、休業損害などの損害を負っていますので、加害者(または保険会社)に対してこれらの損害の賠償請求をすることができます。

 

まず、ケガの治療や自動車の修理が終わって損害額が確定したら、その損害額を加害者に知らせて、話し合いによる示談交渉(任意交渉)を行います。

この段階で合意に達したら、合意書(免責証書、和解契約書)を作成します。

示談交渉の相手は、基本的には保険会社になります。

 

2) 裁判・ADRの利用

しかし、過失割合や損害金額についての双方の言い分が食い違って、示談が成立しないことがあります。

そのような場合には、裁判所交通事故紛争処理センター(ADR)などの法的機関を利用することができます。

交通事故の民事上の問題解決までの流れ

交通事故発生 → 治療・修理 → 示談交渉 → 裁判・ADR等


2 刑事上の問題解決までの流れ

交通事故に伴い違反行為(自動車運転致死傷、無免許運転等)が存在したら、違反者は刑事責任を問われる可能性があります。

この場合、警察などの捜査逮捕・勾留などの身柄拘束、実況見分調書の作成、供述調書の作成等)を受けた後、裁判相当と判断された場合には、裁判公判略式手続等)を経て、懲役や罰金などの刑罰が決められます。

3 弁護士に相談・依頼するタイミング

解決までの各段階で誤った判断をしてしまうと、最終的に不利益を被ってしまうこともあります。

少しでも判断を迷ったり、不安を感じたりしたときには、すぐに交通事故を専門とする弁護士等に相談・依頼してください。

早期に弁護士等に相談・依頼をすることが、解決への第一歩です。

弁護士法人ポート法律事務所 川越中央法律事務所 法律相談・ご予約(受付9:30~18:00)049-223-4422

このページの先頭へ